FC2BBS

79589
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

10/1の件 - 増田 靖子

2016/09/28 (Wed) 20:58:32

啓子さん  こんばんは 先日はありがとうございました
早速ですが・・・10/1加藤先生の講演に参加したいと思います
よろしくお願いします

PCが言うとこを… - 重藤啓子

2016/09/28 (Wed) 15:36:56

こんにちは。


明日の公開講座のお知らせです。

日程:2016年9月29日㈭18時10分~21時

場所:慶応大学信濃町キャンパス孝養舎

講師:本間りえさん(ALD友の会 代表)

コーディネーター:加藤眞三先生(慶応大学)


前半は講演、後半は講演を参考にした議題でワールドカフェ方式でのディスカッションを行います。


本間さんはALDを考える親の会のマリアさまのような存在で、その情熱には心を打たれます。たいへん魅力的な女性で、お話も興味深いこと、請け合います。


予約不要・参加無料


お問い合わせ:重藤啓子まで(080-1819-1502)


最近、PCがちょっとおかしいんです。このお知らせも昨夜、頑張って書きましたがなかなか記載できず‥


どうぞお元気でお過ごしくださいませ。


啓子

ごった煮会・サロン - 重藤啓子

2016/09/25 (Sun) 19:30:57

こんにちは~


急に天候が変わる毎日…風邪をひいてしまいました(;´∀`)

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。


10月の予定です!!


「第34回 慢性患者のごった煮会」

日程:2016年10月1日㈯ 14時から16時頃

場所:慶応大学信濃町キャンパス孝養舎

ファシリテータ代表:加藤眞三先生(慶応大学看護医療学部)



「PHサロン・総会」

日程:2016年10月8日㈯14時から16時

場所:慶応大学信濃町キャンパス孝養舎301教室

講師:片岡雅治先生(慶応大学医学部)


はじめに「総会」、おしゃべり会のあと、15時過ぎからご講演をいただきます。

テーマ:「ベイティビス、セレキシパグなど」
     他について、質疑応答の時間も頂戴いたします


どちらも参加無料・予約不要です。お茶と駄菓子はご用意します。

お問い合わせ:080-1819-1502(重藤啓子まで)


肺高血圧症研究会は、多くの企業さまと有志の方々のご理解により、ご寄付によって活動をさせて頂いております。

ご多忙の先生方がお支えくださいます。

また、毎回ボランティアの方々も手弁当でお手伝いくださっております。

いつも本当にありがとうございます。


重藤啓子



こんにちは。 - 重藤啓子

2016/08/25 (Thu) 14:52:48

晴れ~(#^.^#)


うまいことオフの日と晴れが重なり、洗濯&布団干しができました~。満足・満足。

いかがお過ごしでしょうか?


先週の「ごった煮会」、ゲストの川津祐介さんのお話がとっても素敵でした。朗読も!

「今、皆がここにいるのは≪約束≫があったから」

皆、輪廻の不思議なマジックの中に生きているんだねぇ‥ご縁ってそういう事なんだ

と、シュッと納得してしまいました。

私は長く外国にはおりましたし、カソリックの国に居たので影響は受けましたが、我が家はコテコテ東本願寺・浄土真宗~。

キリスト教でも、コンスタンチノープルの大会議で削除されるまで輪廻は正式に教えられていた、とか。イスラムでも輪廻を説きますよね。宗教は「文化」の違いというだけで、要は万教同根・万教帰一なんだなぁ‥などと考えました。


さて。
ここ10年ほど、アメリカ医学界では「瞑想~マインドフルネス」が有効!という話題で盛り上がっています。日本ではようやく最近になってNHKが取り上げてくれたりしておりますが。

瞑想は「自分で・無料で・いつでも」できる治療の1つ、という評価すらされています。

何より心が落ち着くのがいいです~(安倍首相も潰瘍性大腸炎という難病もちですが、新薬と座禅で寛解。今では国会休会中はブラジルやらケニアやら、日々飛び回っておられますね)

当会でも、慶応の看護医療学部のマインドフルネスの研究をされている朴先生や瀧田結香先生からご指導を受けます。また、ごった煮会のスタート時に呼吸法をヨガ講師の三浦久子先生から教わったりします。

問題は瞑想と、日本に蔓延る「お金儲け新興宗教」との混同です!

オウム真理教の事件以来、ヨガだの瞑想だのと言うと、多くの皆さんがヘンなモノと混同・誤解をしてしまう。


もちろん「西洋風の」優秀な医療は、この病気には欠かせないものです。でも、ほかにもいい事をやって、ちょっとした努力で楽しく暮らせた方がイイ。


川津さんは優秀な役者さんですが、実は慶応の医学部を出ておられます。彼は「善い事をしたい。善い世の中にしたい」。
と語っておられました。


残念ながら世知辛い世の中を生きていると、健全な事が正当に評価されず世間の誤解を受けてしまう「事がある」ようです。

まぁ、本当は誤解なんてどうでもよい事なんでしょう。単にご縁の問題なのかも知れないですよね‥

川津さんに限らず「善の思想」を持つ方々はまなざしを見れば大体、まじめで立派な方だとすぐわかります。


以上、ちょっと私見を申し上げました。


さて。

当会は今、「年度末」で(特に会計さんが)多忙中。

専門医の先生方も10月頭の日本肺高血圧症学会のご準備でご多忙。ですから9月は公開講座「患者学」のみの予定となります。


≪公開講座・患者学≫

日程:2016年9月29日㈭18時10分~21時

場所:慶応大学信濃町キャンパス孝養舎

講師:本間りえさん(NPO法人ALDの子供の未来を考える会)

ALD患者の家族としてご活躍の本間りえさんのお話を伺った後、ワールドカフェ方式で話し合いを行います。

参加無料・予約不要です。


10月の頭は


10月1日㈯14時から16時ころまで

≪第34回 慢性患者のごった煮会≫がございます。

場所:慶応大学信濃町キャンパス孝養舎

ファシリテータ代表:加藤眞三先生(慶応大学)


≪総会・PHサロン≫

日時:2016年10月8日㈯14時から16時ころまで

場所:慶応大学信濃町キャンパス孝養舎3階

講師:片岡雅治先生(慶応大学医学部)

テーマ:肺高血圧症の新しい薬

二次会もあります。

こちらも参加無料・予約不要です。

お問い合わせ:080-1819-1502 重藤啓子まで


まだまだ暑いですね。今年は残暑が厳しいという長期予報も出ておりますが、(エアコン等のお世話になって)どうぞお元気でお過ごしくださいませ。


啓子

こんにちは。 - 重藤啓子

2016/08/19 (Fri) 13:49:44

皆さま


お暑うございます。

昨日はすごい雨でしたね‥

水不足だった庭のイタリアンパセリがこのところの雨でボウボウに繁っております。もはや食べ物には見えない‥


さて。

明日は14時から16時半まで
≪第33回 慢性患者のごった煮会≫です。

場所:慶応大学信濃町キャンパス孝養舎

ファシリテータ代表:加藤眞三先生(慶応大学看護医療学部)

プログラム:
 
① ヨガ(小笠原にいらっしゃる三浦先生とスカイプでつなぎます。プロジェクターで映像がちゃんと大きくなる「予定」)約10分

② 闘病記
ゲスト:俳優の神津祐介さん
約20分

③ 分かち合い  1時間強


休憩を挟みながら、涼しいところで「言いっぱなし・聴きっぱなし」をする会です。ニックネーム歓迎。日頃、話したくてもつい、黙ってしまう苦しみ・悩み・今考えても辛かったこと…


なんでも「人に話す」ことで、心の詰まりを解消しましょう。
お話することが心の支えになるだなんて、ちょっとビックリですよね!

お茶とお菓子はご用意いたします。


注意:中で話し合われたことは「機密」情報。ごった煮会の中だけで止めましょう。


参加無料・予約不要です。

お問い合わせ:080-1819-1502(重藤啓子まで)


さぁ今日もまた降るのですかしらね?

私、小さいとき群馬県に住んでいたことがあります。そのせいか雷は大好き!(ウチにいるときに限る)


涼しくして元気にお過ごしくださいませ。


啓子

第13回 患者と医療者が創るフォーラム - 印南直子

2016/07/30 (Sat) 01:34:25

福田先生のお話しを伺って、治療法がかなり進化してきている事を、改めて実感する事が出来ました。若しかしたら、20年後には、IPS細胞を用いて、新たな治療法が確立されているかもしれないと、希望を抱きました。

Re: 第13回 患者と医療者が創るフォーラム - 重藤啓子

2016/08/01 (Mon) 10:19:29

直子ちゃん、いつもありがとうございます!

次回は「患者学~石頭の発想」でもお会いできましたら幸いです。開始時間が早いのでご迷惑をお掛けします。

今日も雨が降るって話です。少し涼しくなるといいですね!


啓子

フォーラムの写真 - 澤田 誠

2016/08/01 (Mon) 04:41:49

第13回患者会と医療者が創るフォーラムの写真です。暑い中、皆さんお疲れ様でした。

Re: フォーラムの写真 - 重藤啓子

2016/08/01 (Mon) 10:14:01

澤田さん、写真をありがとうございました。

お陰さまでこの日は全国各地からの参加者がお集まりくださいました。

芳名帳に56名、お名前を書いていただきました。でも65個あったサンドイッチが足りませんでしたし大講堂も一杯でしたから、実際にはもっとおいで下さっていたんだろう…と想像します。次回はお弁当は70個必要だわ…
(^v^)

皆さんのご意見も伺いながら企画立案したいです!!

啓子

今日は - 重藤啓子

2016/07/31 (Sun) 13:33:11

ムシムシしますね~

いかがお過ごしでしょうか。


さて、この暑い中、多くの有志の方々に先日のフォーラムの準備・導線などのお手伝いを頂戴いたしました。本当にありがとうございました。

今回の反省を含め、よりよい次回の会について考えております。参加者さん方にとって「いつ」「どこで」開催するのがいちばん適当か…ということまで含めて、企画の手直しをしたいなぁ、と。

皆さまのご意見・ご要望などを頂けましたら幸いに存じます。


さて、次回の「公開講座」のお知らせです。

≪患者学公開講座≫

日時:2016年8月4日
   18時10分~21時

場所:慶応大学信濃町キャンパス孝養舎

講師:加藤眞三先生(慶応大学)

テーマ:「石頭の発想~医師頭への対処法~」


ご講演のあとはワールドカフェ方式でのディスカッションを行います。
お菓子のみご用意いたします。(暑い折ですのでお飲み物をご持参くださいませ)

*予約不要・参加無料です


続きまして。

≪第33回 慢性患者のごった煮会≫

日時:2016年8月20日㈯14時から16時半まで

場所:慶応大学信濃町キャンパス孝養舎

ファシリテータ代表:加藤眞三先生


もう33回目を迎えました「ごった煮会」。

小さなグループに分かれて「聴きっぱなし・言いっぱなし・ニックネームを使って」というルールでお話をしましょう。

参加者にはお互いさまに守秘義務が課されていますから、ご家族や知人には言いにくい苦しみやお悩みなど、何でもお話ください。

お話をすることで、塞いでしまった心に「スペース」が生まれ、気持ちがすっきりしてくるものです。このことを今までの「ごった煮会」経験者はよく理解しておられるので、どんなことでも上手に「聴いて」頂けると思いますよ。


参加無料・予約不要です。お菓子と飲み物を準備いたします。


お問い合わせ:重藤啓子まで(080-1819-1502)


今日はもう少し涼しいのか、と思っていました。天気予報と違~う。もう8月ですもんね。

暑いけど、がんばろ~(/ω\)


啓子

いかがお過ごしでしょうか? - 重藤啓子

2016/07/16 (Sat) 15:43:46

皆さま

お暑うございます。毎日ムシムシしますが、お変わりありませんか?


    ≪患者と医療者が創るフォーラム≫


日時:2016年7月28日㈭18時30分~21時

場所:慶応大学信濃町キャンパス
   新教育研究棟 2階 大講堂

講演:加藤眞三先生(慶応大学看護医療学部)
   「患者のチカラが必要とされる背景」 
   
   福田恵一先生(慶応大学医学部)
   「肺高血圧症治療の展望」

第二部:フリーディスカッション(参加者全員による)


参加無料・予約とお問い合わせは下記までどうぞ!
重藤啓子:080-1819-1502

サンドイッチと飲み物をご用意致します。フォーラムでは多くの方々のご意見を頂戴したく、お願いいたします。


       ≪8月の公開講座≫

日時:2016年8月4日木曜日18時10分から21時まで

場所:慶応大学信濃町キャンパス孝養舎

テーマ:「医師頭への対処法」

講師:加藤眞三先生(慶応大学)

後半はワールドカフェ形式でディスカッション致します
(´・ω・`)

予約不要・参加無料
お菓子のみ、ご用意いたします。どちらも夕方からの開催です。皆さまお気楽にご参加くださいませ!


暑さは「体感」するもののようです。

先週、「大した暑さではない」と思い、自転車で外出。ウチの前で貧血で転倒しました~。アザだらけ。貧血は薬の副作用で長年の付き合いです。が、なんと言っても夕日の中、自転車に乗った私が馬鹿です(/ω\)


皆さまはどうぞお気をつけて…


啓子

公開患者学 - 重藤啓子

2016/06/09 (Thu) 18:54:21

こんにちは。


今日は今月の「公開講座『患者学』」について書きますね。

毎月、開催が夜ですし時間も長いので、あまりここでは広報してまいりませんでしたが、毎月第三木曜日に開催しております(特別な事情がない限り大丈夫です。詳しくは私までお問い合わせくださいませ)。

参加者は様々です。患者・医療従事者・一般人など。

ここでは特に医療関係者と学生さんに、患者の立場をよりご理解いただき、協働していきましょう!と働きかけたい。

また私たち患者も(患者学を一言で説明するのはたいへんですから、サクッと申し上げます)

・どうしたら良い医療者と出会うことができるのか?

・どんな医者が「ダメ」で、

その場合

①代えるべきなのか?

②育てるべきなのか?

・どうしたら医療者にしっかり気持ちが伝えられるのか?

そして、

「納得できる医療を協働して探っていくこと」等々を勉強していこう!という趣旨の会です。


もしお身体の調子がよろしくて「参加したいなぁ」と思われましたら、ぜひお越しくださいませ。皆さまの貴重な体験をお話をしていただけたら幸いに存じます。


  ≪公開講座「患者学」≫

日程:2016年6月16日㈭ 18時10分~21時

場所:慶応大学信濃町キャンパス孝養舎


ゲスト:川口裕美子さん(ALS患者遺族、医療ライター)


川口さんはALSのお母さまを長く介護され、そのご経験を生かし患者会を発足。ALS患者さんの人権・特に「生きる権利」を主張。彼女のご努力もあり、今では日本のALS患者さんの権利は世界一!とまで言われています。

また寝たきりで言葉を発することができない患者さんが起業する、などの例も生まれています。そんな強いムーヴメントの立役者として、また医療ライターとしてもご高名です。

川口さんはイギリスでお過ごしになった時期も長くはっきりした方で、もしかしたら一見怖そうに見えるかも知れません。でも本当に気さくで、心の優し~い素晴らしい女性です。だからこの病気を発症された方々が「全国から」彼女の近くに越してこられる…なんてケースがあるそうです。

すごいことですね。


会ではゲストのご講演ののち、幾つものグループに分かれ、グループのメンバーを入れ替えつつ、話し合いをします(ワールドカフェ形式といいます)。聞くほど難しくはないのでご安心を。どなたでもご参加可能です。

参加無料・予約不要


お問い合わせは重藤啓子まで(電話:080-1819-1502)

それではまた!


啓子


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.